読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリまが!

英語を武器にキャリアをひらく!

タダで英語のリスニングが学べるサイト「Catalyst」が凄すぎる

 

 先日、オーストラリア人が5日ほど我が家にホームステイしたのですが、その際話のネタを予習しようとオーストラリア国営放送(ABCテレビ)のHPを見ていたら、偶然英語のリスニングに最適なコンテンツを発見しました。

 

Catalyst - ABC TV

 

Catalyst」というこのサイト、どうやらABCテレビの化学に関する番組のオフィシャルサイトのようです。

(ちなみにTwitterアカウントはこちら

 

 で、何が凄いかと言うとこのサイト、番組の動画をフルで公開しているだけでなく、何と全文のトランスクリプト(文字起こし)まで掲載されているのです。しかも動画はMP4形式でダウンロードまで可能!

いったいどういう意図でトランスクリプトやダウンロードまで公開しているのかは謎です。オーストラリアではこれが普通なのでしょうか。

 

 ともあれ、これはリスニングを学ぶうえで非常に有益なサイトです。しかも完全無料。

自分の経験上、リスニング(とスピーキング)上達の方法はひたすらディクテーション、シャドーイング、音読の繰り返しだと思っています。

その為には、ネイティブのスピーチ音声とトランスクリプトが必要です。

すでに内容を知っている文を、ネイティブがどのように発話しているかをひたすら聴き、そしてひたすら真似するという方法です。

 

 僕はこれまで「ダイアローグ1800」という教材を使ってそれをやってきました。

 

英単語・熟語ダイアローグ1800―対話文で覚える

英単語・熟語ダイアローグ1800―対話文で覚える

 

 

これはこれで定番で非常に良い教材です。これをやり込んだおかげで自分のリスニングとスピーキングは飛躍的に向上しました。

最近ではTOEICの公式問題集では、リスニングセクションは初見の問題でも9割くらい正解できるまでになって来ました。間違いなくこの教材のおかげです。

しかし「ダイアローグ1800」に収録されている会話は、やはり「スクリプトを読んでいる」感が強く、また会話のスピードも比較的ゆっくりで、これだけではネイティブの生の会話にはついていけません。

 

こちらも買ったことがありますが、内容の割りに値段がちょっと高めです。あとCDトラックの使い勝手がイマイチでした。

 

CNN ENGLISH EXPRESS (イングリッシュ・エクスプレス) 2013年 11月号 [雑誌]
 

 

 

 他にもトランスクリプト付きの教材として、「超字幕」というアプリがあります。 

超字幕 映画で英語は上達する

超字幕 映画で英語は上達する

  • SOURCENEXT CORPORATION
  • 教育
  • 無料

 こちらはアプリ内で購入した洋画の全内容を英語・日本語の字幕付きで再生できるというものです。

これも良いんですが、字幕が全文ママではない(細かい部分が省略されてたりする)のと、映画の会話はあまりにも早すぎて、まだまだ自分のレベルには難易度が高すぎました。

 

 その点Catalyst内の動画は、環境や健康など、化学ネタに関する科学者へのインタビューと、ナレーション、キャスターの説明で構成されており、 決して教科書通りではない生の、でも丁寧で聞き取りやすい発話内容になっています。

 

また内容も「コレステロールと心臓疾患の関連を否定する最新の研究」や「最も命に関わる習慣は”座り続けること”」「男性はギターを持っている方がより魅力的か」等、単純に興味深いトピックが目白押しです。

もちろんところどころ難しい専門用語の単語が出て来ます。といっても日本語でいえば新聞を読んでいればいくらでも目に入る様なレベルの語彙ばかりなので、一緒に覚えてしまえば良いでしょう。単語はエピソードに絡めて覚えた方がより記憶に刺さりますしね。 

 

 自分はこれから週に何日かダイアローグ1800の代わりにCatalystの動画とトランスクリプトで音読とシャドーイングをやっていこうと思います。

 他にも探せば良いコンテンツがあるかも知れません。何か知っている人がいれば、是非教えてほしいと思います。

 

関連記事

「社会人勉強法その1『生活を変える』」