キャリまが!

英語を武器にキャリアをひらく!

ネットだけで洋菓子店をブランディングするには


職場でクッキーをもらいました。

なんでもその洋菓子店はネットのみで展開しておりリアルのお店は出していないのだそう。
最近はそういうお店も増えてるのでしょうか。

リアル店舗をもたなければ、店舗の家賃や光熱費などの固定費が浮かせられます。
先行投資が少なくて済む分、お店を始めるにはネット通販のメリットは大きいと思います。

そんな話を同僚としていたら
「でもお店で眺めて決める楽しさもあるよね」
とのこと。

なるほど。僕はウィンドーショッピングを楽しむという習慣が全くと言っていいほどありません。
欲しいのは物であって、買い物という行為自体は時間の無駄としか考えていません。
「時間を楽しむ」という感覚はありますが、自分の場合買い物にはそれは当てはまりません。
なので最近では買い物はほとんどがAmazonで、ネット通販最高と思っています。


でも焼き菓子やカフェなんかはお店の立地、街そのものがブランドだったりしますもんね。

「銀座の老舗の洋菓子屋」だったり、「代官山の隠れ家カフェ」だったり。

そういうお店って味とか品質よりも「おしゃれそう」とかの理由でお客さんが来るイメージ。

ネットだけでそれを演出するのは難しいですよね。
ネットのドメインに「オシャレ」とか無いですもんね。".kakurega"とか付いてたら面白そうだけど逆にダサい。
それは冗談としても、ネットの画面だけで「時間」や「空間」のお洒落さを演出するのはまだまだ難しそうですよね。

ネットだけで展開するならもう味で勝負するしかない。
しかもネットは容赦ない口コミが展開されるからごまかしも一切効かないですし。
そもそもまずは食べてもらわないことには始まらないから、やっぱりどっかでとっかかりを作らなきゃならないと思います。

つまり

・リアル店舗=味以外のフックでも勝負可能

・ネット通販=味のみで勝負

と言えるのでしょうか。

とかいろいろ考えていたら、ネットのみの洋菓子屋さんがどんなマーケティング戦略を展開しているのか興味が湧いてきました。

自分だったらネットはリアルの補強としては使えるけど、ネットだけで営業するというのはなかなか勇気がいると思いました。

インターネットにお店を持つ方法 ネットショップ開業で夢を叶えた12人の女性オーナーたち

インターネットにお店を持つ方法 ネットショップ開業で夢を叶えた12人の女性オーナーたち





広告を非表示にする