読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリまが!

英語を武器にキャリアをひらく!

離れたところにいる妊婦さんに席を譲る方法


僕は通勤時間に本を読んだりしたいので、朝はあえて特急ではなく普通列車で通勤しています。

なので僕が乗る電車はそこまでぎゅうぎゅう詰めというわけではありません。

大体3日に一回くらいの確率で座れます。

それでも会社に着く頃にはそれなりに満員電車になります。


そして自分が乗る車両には毎朝2人の女性が乗ってきます。
2人とも年は20代くらいでほとんどの場合、立って乗車しています。
そして2人とも自分と同じ駅で降ります。



1人は学生さん風の背の低い女性で、足が悪いらしく両脚に歩行具を着けています。

1人は(おそらく)通勤中の妊婦さんで数か月前から妊婦マークをつけており、最近ではかなりお腹も大きくなってきてそろそろ産まれそうといった感じです。

自分が座っていて、彼女らが前や隣に乗ってきて、席を譲ることもあります。

しかし、朝の電車は寝ていたりスマホに夢中になっていて彼女らに気づかない人も多く、彼女らは立っていることがほとんどです。
個人的にはそういう人たちの頭をはたいて「譲って差し上げんかいコラ!」と言いたくなるわけですが、まあしませんけど。

さすがに気づいていて気づかないふりをしている人はいないと思いたいです。

僕は自分の乗っている車両でこの2人が立っていると、とても居心地の悪い感じがします。

特に居心地が悪いと思うのは自分が座れている時です。
自分の前や隣の席の前に乗ってきた時は当然すぐに譲るわけですが、3つ隣の席の前とか向かい側の列に立っていたりすると、どうしようか迷ってしまいます。

そういう時に限って彼女らの前に座っている人は寝ていたりするわけです。

こんな時、
「ささ、こちらドーゾ!」
と言って席を立てばいいんでしょうけど、
でも譲られた方もさすがに混んでて周囲の視線もある中わざわざ何席か分、歩かせるのも悪いし、とか考えてそういう時は何も出来ずにいます。

そんな状況をスマートに解決する方法を誰か教えてほしいです。


というかなんでみんなすぐ譲ってあげないんでしょうね。
結構終わってると思う、毎朝の光景でした。


ノーマライゼーションが生まれた国・デンマーク (MINERVA21世紀福祉ライブラリー)

ノーマライゼーションが生まれた国・デンマーク (MINERVA21世紀福祉ライブラリー)

日本が世界一「貧しい」国である件について

日本が世界一「貧しい」国である件について

広告を非表示にする