読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリまが!

英語を武器にキャリアをひらく!

「真面目」って何ですか?

 

会社で、毎朝4時に起きて朝活しているとか、自主的に資格の勉強をしているという話をすると

「真面目だね〜」

と言われることがよくあります。

 

 

が、自分としてはこの「真面目」という評価に違和感を覚えずにはいられません。

 

自分が勉強したり、朝早く起きたりするのは趣味みたいなもので、それが「楽しいから」「したいから」やってるだけです。

つまり、ただやりたい放題やってるだけなので、「真面目」では全然ないと思うのです。

 

僕からすれば、自分の時間を削って会社の飲み会やゴルフに参加している人の方がよっぽど「真面目」だと思います。

僕は休日に自分の時間削ってまでゴルフなんて絶対行きたくないと思っているし、だらだら喋っているだけの飲み会には極力参加しないようにしています。

 

また、人から頼まれたり推薦された仕事でも

「これは自分がやるより他に適任がいるな・・」とか

「今はそれよりもあっちのことに集中したいんだけどな・・」

と思った仕事は、ひとまずは全力で

「僕はやりたくありませんよ」

というオーラを醸し出すようにしています。

どうにもならなければ(サラリーマンなので)引き受けますが、言いづらくない相手であればハッキリと断ります。

 

二つ返事で安請け合いするということは絶対にしません。

それによって評価が下がることがあっても、基本的には自分にとって何が一番大事かを優先してしまっています。

 

会社からしたらこんな人間が「真面目」である訳が有りません。

学校だったら「不良」です。

(ちなみに受験生時代は、学校の授業を聴いていたら受験に間に合わないと思い、授業中に耳栓をして自習していたこともあります)

 

なので、

「真面目だね〜」

と言われても、何と返したら良いか分からず毎回困ります。

 

そもそも「真面目」って何なんでしょう?

 

嫌いなことでもコツコツ頑張れる人が真面目?

だとしたら少なくとも僕は絶対に違います。

 

それとも「真面目」って、ひょっとして一見評価してるようで嫌みや揶揄を込めて言ってるのだろうか。

だとしたらいちいち人にそんなこと言うのは非常に幼いと思います。

 

 

なんだかネガティブな内容になりそうなのでこの辺でやめておきたいと思います。

 

 

 

関連記事:

仕事がクソゲーかは自分が決める - キャリアのまがりかど

会社を辞めて後悔したことと、死ぬ前に後悔したこと - キャリアのまがりかど

 

 

結局、「まじめ」な人が一番強い! (新講社ワイド新書)

結局、「まじめ」な人が一番強い! (新講社ワイド新書)

 
まじめの罠 (光文社新書)

まじめの罠 (光文社新書)

 
「まじめ」をやめれば病気にならない 簡単! 免疫生活術 (PHP新書)

「まじめ」をやめれば病気にならない 簡単! 免疫生活術 (PHP新書)

 

 

広告を非表示にする