読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリまが!

英語を武器にキャリアをひらく!

1年で人は変われる、本当に

英語やプログラミングを勉強した人の話を読んでると、1年とか割と短期間でここまで出来た、という話が多いですね。僕なんかもまさにそうで、プログラミン グの知識0の状態から、1年間でVBAはだいぶ使えるようになり部署内でも重宝される存在になりました。何でも0の状態からでも、1年やればそれなりにモ ノになります

逆に言えば1ヶ月とかそんなすぐには変化は出ません。やっぱり1年くらいは継続する事が重要です。能力開発には、この「中長期的な目線」が絶対に不可欠だと思うのですが、忙しいサラリーマンには意外とこれが難しい。なぜかと言うとそれをやらなくても別に直ちには困らないし、なんとなく毎日は流れて行くからです。

僕の会社の周りの人は本当に勉強しません。たった1年でいいのに、1年やれば見た事のない景色が見えるのに。それは僕自身が経験した事なので確実に言えます。そしてこれは能力開発だけに言えることではないと思います。

やりたいなー、と思ってるだけじゃ今までと何も変わりません。今までとは生活も、お金と時間の使い方も変える必要があります。それで実際に行動してみると、思ってたより簡単だったりします。でもそれは実際に行動した人だけが気づけることです。

うちの息子はもうすぐ産まれて10ヶ月になります。最初は小さく寝転んでるだけだったのが、この10ヶ月で手が使えるようになり、声が出るようになり、二本足 で立てるようになりました。この時期の赤ん坊の成長の密度というかスピードは、一生の中で一番大きいんじゃないかとすら思います。歩けなかったのが、歩けるようになる。自分の力で好きなところに移動出来るようになる。それってけっこう革命的なことだと思います。

でも、大人だって成長出来るんです。空を飛ぶことは出来なくても、今まで話せなかった言葉を自分の思うままに話せるようになる。今まで使えなかった道具をまるで自分の手足のように使えるようになる。
それは何歳になっても変わらないのだと思います。出来なかったことが出来るようになるのは、いつだって快感です。みんなそれを知らないか、忘れているだけです。

一番重要なことは、「変われる」ということに気づくことです。そしてまずは1年後を想像してみて下さい。何も変えずにただ歳だけを1つ重ねるか。自分に出来ることを1つ増やすか。その積み重ねが5年後、10年後人生に繋がって行くのだと思います。
かく言う僕もまだまだ中途半端です。子供の成長に負けないように今年も頑張ります。

広告を非表示にする