読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリまが!

英語を武器にキャリアをひらく!

アラサーの自分が簿記2級を取った理由

 僕が簿記2級を取ろうと思ったきっかけ、またどのような勉強をしたかについて書きたいと思います。最初に言っておくと、簿記2級は僕にとって人生の転機となるものでした。



 新卒で今の会社に入社して以来、3年間は営業部署に配属されました。いずれ詳しく書きたいと思いますが、そこでの3年間は人間関係の悩みからうつ病一歩手前のような状態でした。

出社してから退社までただひたすら耐えるのという毎日の中で、当時の僕にはとても将来のキャリアのことを考える余裕なんてありませんでした。しかし、4年目から現在の所属であるマーケティング部署に異動になり、人間関係の悩みも解消されると、自然と、5年後、10年後のキャリアのことを考えるようになりました。

3年間、人間関係に激しく悩んだ経験から「これから死ぬまで上司や会社に振り回され続ける人生なんてまっぴらだ」という思いが強くなりました。特定の組織に依存しなくても生きていけるようになりたい、と。

そのためには、何か自分の武器になるような専門分野が無ければいけない。自分にとってそれは営業ではない。正直、営業の仕事には全く面白みを見出せなかった。では、自分にとってのそれは何か。それが「会計」でした。

実は学生時代には会計なんて全く興味がありませんでした。当時は会計というものの存在すら知らなかったと言ってもよいでしょう(本当に馬鹿・・・)。それが営業にいた頃、たまたまちょっと前にブームになった山田真哉氏の「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」という本を読み、会計に興味を持ち始めました。

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)

さおだけ屋はなぜ潰れないのか??身近な疑問からはじめる会計学?

さおだけ屋はなぜ潰れないのか??身近な疑問からはじめる会計学?



 それから山田氏の著書を何冊か読み漁り、ますます会計の魅力に惹かれていきました。

転職に役立つだとか、ビジネスが分かるようになるだとかそういう要素よりも、「複雑な企業活動のすべてを、同一のルールのもとに比較可能な数字で表す」という会計そのもののダイナミズムみたいなものに純粋に面白みを見出していったのです。しかも経営に近い部分の仕事が出来る、ますます面白そうだと思いました。


自分は将来、会計を専門分野として食べていきたい。僕はそう決意しました。


その時、マーケティングの部署に異動して1年が経っていました。そこでの2年目が始まった頃、この年度末(3月)には経理に異動願いを出そう、と決めていました。

その事を先輩の一人に話したところ「どうせ営業が嫌だから経理に行きたいんだろう?」と言われたことがありました。確かに、半分はその通りです。もちろんそれだけが理由ではないことは前述の通りです。

でもね、仮に「営業が嫌だから経理」だったとして、何がいけないんでしょうか?そもそも新卒での配属なんて、ほとんどが本人の意思や適正とは無関係で、くじ引きみたいなモンでしょう。

それが年次を重ねるごとに次第に自分の適性を見極め、希望のキャリアを目指してアクションを起こすことの何がいけないんでしょうか。それに、「どうせ」営業が嫌だから経理、という言い方には、「経理は営業より劣る」という意味が含まれています。

頭に来た僕は、そんな言葉は気にすることはないと思いつつも、自分の意思を示すため年度末までに絶対に簿記2級を取ってやろうと決めました。

簿記2級は、正直言って資格試験の難易度で言ったら全然簡単な方です。頭の良い人なら1ヶ月で合格できると言われています。それでも会計の勉強をしたことが無い社会人が働きながら受験したら、とても1ヶ月では無理です(というか正直、個人的には2級でも十分難しいと思います。商業高校の子たちは高校生の時に受けるなんて本当にすごい)。

当時5月、そこから11月の受験に向け、約半年間の勉強生活が始まりました。


→つづき:合格体験記 その2

広告を非表示にする