読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリまが!

英語を武器にキャリアをひらく!

今夜飲み会の人へ

人生観

電車の吊り広告で「今夜、飲み会の人。二日酔いのもたれ、はきけに」とデカデカと胃薬の広告が出ていました。


これを読んで素直に疑問に感じてしまったのですが、なぜ胃薬が必要なほど飲むのでしょうか。
適量で飲んだ方が話も弾むし料理も美味しく楽しめると思うのですが。


僕は資格の勉強を始めてからというものの、「時間」を非常に大切に思っています。
もともとアルコールに弱いことも有りお酒を飲むと、その日はなにも出来ず寝てしまいます。さらに次の日も倦怠感をひきずって生産性が顕著に落ちます。
こうしてただでさえ貴重な時間が膨大に失われることになるので、出来ればアルコールは一滴も飲まないようにしています。


まあ僕のようなのは極端な例だと思いますが、職場には毎日のように飲みに行って「今週3日連続飲みだわー、つれーわー」と言いつつ、さらに月末になると今度は「まじ金が無いわー」と言いつつまた飲みに行ってる人がいます。

こういう人は、お金を失い、時間を失い、更に健康まで失っています。僕は「健康が時間を生み、時間がお金を生む」と思っているので、何のためにこんなに飲むのかもはや完全に理解不能です。

まあでも、冒頭の広告が示すように、日本のサラリーマンにはこれは結構当たり前のことなのではないでしょうか。


思うに、日本のサラリーマンはストレスが多すぎるのだと思います。
長時間労働、取引先からの圧力、上司からの圧力。働くことすべてがストレス因子だらけです。

そのストレスを発散する為にとにかく大酒を飲んでるように思えます。
そしてお金が無くてまた働いてストレスをため、また飲む。この繰り返し。

こうやって書くと、もはや何のために生きているのか意味が分かりません。
生きるために働いているはずなのに、働くために命を削っている。


そんなのおかしいと思いませんか?


こういう状況を打開するためにまずは仕事でストレスをためないようにすることが何よりだとは思いますが、会社や上司はそう簡単には取り替えられないのでこれはなかなか難しいと思います。

そこでストレスを発散する時に大食いや大酒に逃げるのでは無く、運動によって発散するようにするのが良いのではないかと思います。

  僕は1年程前からジム通いを始めましたが、運動すると気分が良く、身体も軽くなり勉強の集中力も増します。
まさに「健康が時間を生み、時間がお金がを生む」サイクルが出来ていると自分では思っています。

ストレスを無くすにはストレスマネジメントの本を読んだりあれこれ頭で考えるよりも身体を動かすのが一番です。



ストレスの蓄積と発散だけのサイクルを繰り返す毎日なんて、まさに不幸の極みだと思います。

とはいえサラリーマンにストレスは付き物ですから、これからもストレスとの上手な付き合い方を考えていこうと思います。


今夜飲み会の人、お酒はほどほどに。お体には気をつけて下さい。

広告を非表示にする