読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリまが!

英語を武器にキャリアをひらく!

英語で数量表現を学ぶうえでの本当のポイント

英語 TOEIC
英語を使う仕事をするようになってから1年近く経ちますが、いちばん苦戦していることは何と言っても数字の表現です。
英語を学んでいる人には同じような境遇の人も多いと思います。
 
百、千、万、億という謎の区切り方が存在する日本語に対し、英語での数字の表現はthausand、million、billionと、ゼロ3つ単位だけで区切るというルールさえ覚えれば、発話したり読みあげたりする事はそれほど難しくありません。
ですが、会議や電話でとっさに言われると、そこで混乱してもう何言ってるか解らなくなる、という事がよくあります。正直非常に苦戦しています。
 

その原因はひとえに「慣れていない」ということに尽きると思いますが、ここで一つの仮説を立ててみました。

慣れてないと言っても、単に3桁区切りの表現に慣れていない、という事ではないのです。
 
その「国」と「単位」で、その数字が表す「大きさ」に慣れていない、ということが最も大きな原因ではないか、と私は思います。
 
例えば今期の売上は「Forty million US doller」だと言われたとします。
「フォーティミリオンだから『40』+『000,000』で『40,000,000』=4千万ドルか」
「$1=約120円だから、えーと約48億円だな」
と、まあここまではすぐに解るわけです。
 
しかし、アメリカで$40,000,000という売上金額がどれ程の大きさなのか、という事が体感ですぐには解りません。なぜなら比較対象となる情報が圧倒的に不足しているからです。
この場合、日本での48億円と比較することも出来ますが、物価水準が違うため厳密には比較出来ません(アジアなどの新興国では単純な円換算だけしても尚更意味がないと思います)。

というわけで、英語での数字表現を身に付けるうえでの本当のポイントは、表現の違いを抑えたうえで、「比較対象となる基礎情報」をあらかじめインプットしてしまう事ではないか、と思います。

基礎情報とはつまり各国の
  • 基準となる物の平均的な値段(ビッグマック液晶テレビ、車、家など価格帯ごとに)
  • サラリーマンの平均年収
  • 有名企業の売上高、従業員数
  • 人口
  • 国土面積
  • 首都の人口
  • 平均気温
などの事です。
これらの基礎情報をあらかじめインプットし、また日常的に触れるようにする事で、英語での「数字感覚」を養う事が出来るのではないか、と考えています。
 
ちなみに、Amazonのアプリでは国を切り替える事が出来ます。
今日から手始めにアメリカのAmazonをチェックして「米ドル感覚」を身に付けてみようと思います。

この仮説、いかがでしょうか?

関連記事:

CDBOOK<数字・数量・単位>英語表現ハンドブック (CD book)

CDBOOK<数字・数量・単位>英語表現ハンドブック (CD book)


広告を非表示にする