読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリまが!

英語を武器にキャリアをひらく!

Part2攻略:「報告」と「申し出」に対しては「ありがとう」 - TOEIC800点代から2ヶ月で900点超えを目指す! 【残り68日】

TOEIC 英語

 

careernomagarikado.hatenablog.com

 

模試から、Part2で「答えにくいな〜」と思った問題です。

All the supplies have been put away, Mr. Richards.

A) Yes, You should talk to me first.

B)That type of paper is out of stock.

C)Thank you so much for your help.

 

 正解はCです。自分はAを選びました。

いや、わかりますよ。この問題もこうして文字で読んで、3つの選択肢をちゃんと比較すれば「Aでも良さそうだけど、Cかな」と判断つくと思うんですよ。

でもリスニングやりながら立ち止まれない、選択肢を同時に比較することもできない状況で判断しようとすると難しかったです。

 

そもそも、Part2って会話形式ですよね?なので問題文ってだいたい疑問文だったり依頼文だったりするわけですよ。

でもこの問題の問題文は

All the supplies have been put away, Mr. Richards.

 と、疑問文でも依頼文でもありません。最後のMr.Richardsが無ければPart1の写真描写問題かと思ってしまうほどです。

 

ですが、この模試によるとこれもPart2でのお決まりで、「報告」と「申し出」に対しては「ありがとう」が正解なのだそうです。

なるほど確かに、と思いました。

 

先ほど「3つの選択肢をちゃんと比較すれば正解できる」と書きましたが、これが日本語のリスニングだったら当然、音声を聞きながら同時にそれができるワケなんですよね。

英語でもそれが当たり前に出来るようにならないと、900点はまだ遠いということですね。

 

 

TOEIC(R)テスト 究極の模試600問 (CD・別冊解答・解説・DL特典付) (TOEICテスト 究極シリーズ)

TOEIC(R)テスト 究極の模試600問 (CD・別冊解答・解説・DL特典付) (TOEICテスト 究極シリーズ)