読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリまが!

英語を武器にキャリアをひらく!

文の構造が解らない時は品詞を疑え! - TOEIC800点代から2ヶ月で900点超えを目指す!【残り62日】

 
今日も公式問題集からのピックアップです。
今日のテーマは、文の意味が解らない時は品詞を疑え、と言うことです。
 
 

「動詞が2つは」あり得ない

She has long been an outspoken advocate for the outdoors.
Part7の問題を解いてる時、この英文の意味が解りませんでした。
まず、outspokenという単語を知りませんでした。 outspokenは「遠慮の無い、遠慮なく言う」という意味の形容詞なのですが、has been の後に来ている為、反射的に動詞の過去分詞であるという頭になっていました。
またadvocateは「主張する、支持する」という意味の動詞ですが、ここでは「支持者、提唱者」という名詞なのです。
advocate=動詞の意味しか知らなかった自分は、ここで
「outspoken も動詞?advocate も動詞?どうゆこと?!」
と、文の構造を掴めずに立ち止まってしまいました。
 
an、theの後には名詞が名詞句
冷静に考えれば
has been an 〜 と、anに続いているのだから次に来るのは名詞か名詞句なので、単語の意味は解らずとも「outspoken advocate」という名詞句だ、予想が付かなければないのですが、急いで読んでいるので冷静になれなかったんですね…。
 
 

単語のマイナーな用法に注意

続いて次の英文です。
問題文で「オークションによって得られたお金は何に使われますか?」という設問があり、選択肢が幾つかあったのですが、どれも違うと思い結局不正解に…。
この設問の正解の根拠となる本文の記述は下記の文です。
Proceeds will go to forest preservation program nationwide.
この文は本文の最終行で、この前に確かに「オークションが執り行われる」という記述がありました。
 
自分はこの文を読んだ時、
「Proceed go to? 最後の締めくくりだし、オークションに来てねって事か。うーん、収益金の使い道は何処に書いてあるんだ?」
と考えてしまいました。大バカです。
 
実はこのProceeds は「収益金」という名詞なのです。そんな意味は知りませんでしたが、単語帳にはちゃんと載っています。
単語はこういうマイナーな用法まで覚えないとダメですね…。
 
つまりこの文の意味は「収益金は全国的な自然保護プログラムに充てられます」という、まさにオークション収益金の使い道を表した文だったのです。
 
命令文の動詞は原形に決まっている
自分は「proceed=進む」という動詞だと思い込んでいたので、この文も勝手に命令文だと判断していました。
 
でも普通に考えれば、命令文だったらproceedは原形じゃないといけないわけで、このProceedsが動詞のわけないんですよね。文法的に明らかにおかしいわけです。そんなこと知らないわけないのですが、回答中は勝手にやってしまうんですよね…。
 
こういう、どう考えても文法的におかしい事を適当に(自分の都合の良いように)解釈する、という事は絶対にやってはいけませんね。
 
文法的に構造が掴めないときは、必ず自分の品詞の理解が間違っているはずなのです。
 
 

意味が解らな時は適当に流さない

こういう間違いを減らす為には、やはりより多くの英文を読んで、構造的に疑問を持った箇所は、適当に意訳して流さずに、徹底的に潰すのが近道だと思います。
そうすれば次から同じようなタイプの文を読んだときは、よりスムーズに意味が取れるはずです。
 
関連記事:

「子供『だけ』に」とは一言も言っていない - キャリまが!

同じ問題は2度と間違えない! - キャリまが!

 

1駅1題  新TOEIC TEST読解特急

1駅1題 新TOEIC TEST読解特急

 

 

TOEIC(R)テスト 究極の模試600問 (CD・別冊解答・解説・DL特典付) (TOEICテスト 究極シリーズ)

TOEIC(R)テスト 究極の模試600問 (CD・別冊解答・解説・DL特典付) (TOEICテスト 究極シリーズ)