読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリまが!

英語を武器にキャリアをひらく!

TOEIC800点越えるためにリスニングスコアを上げる近道になった教材まとめ

TOEIC 英語
こちらを読んで。

内容を理解している英文をひたすら自分の口で話す練習

自分も経験上リスニング上げるには、すでにスクリプトを読んでいる英文をひたすら聞く・シャドイングするのが一番だと思っています。

TOEICレベルのシャドイング教材が少ないと書かれていますが、確かにスクリプトがある事が前提なのでそういう教材は少ないかも知れません。

ただ、市販の書籍やネットにも結構良い商材はあります。
今まで自分が活用して良かったものを紹介したいと思います。

ダイアローグ1800

英単語・熟語ダイアローグ 1800 三訂版

英単語・熟語ダイアローグ 1800 三訂版

自分は瞬間英作文と並行してこのダイアローグ1800をやっていました。
トピックのジャンルが多岐に渡っており、TOEIC向けの環境問題やビジネスなどの語彙も登場します。


「プロの英語」シリーズ

プロの英語 アカウンティング(企業会計)編

プロの英語 アカウンティング(企業会計)編

あとはこの「プロの英語」シリーズもビジネス向けの語彙がたくさん登場しますし、特定分野の語彙の強化に最適です。


Catalyst 


こちらはオーストラリアのサイエンス系TV局のサイトですが、動画と、そのトランスクリプトが掲載されています。
語彙の内容はサイエンス系に偏ってますが、内容は面白いです。

バイリンガルニュース

あとこちらは言わずと知れた超人気Podcast
ネイティブのかなり自然な英会話が学べます。スクリプトも月額240円で読み放題です。
自分はこれを聴き続けてかなり会話力が上がりました。




ただ、

あえてTOEICに絞るなら

以上いろいろ挙げてきましたが、TOEICのリスニング対策に絞るのなら公式問題集や模試のリスニングをひたすらシャドイングした方が絶対スコアは上がります

ここまで書いてきてなんですが、上で挙げた教材、ダイアローグ以外はTOEICには難し過ぎです。楽しみながら学ぶには良いと思います。

公式や模試のリスニングのスクリプト、ちゃんと読んでますか?

1回解いて一喜一憂してまたすぐ次の問題、なんてやっていたら絶対ダメです。

リスニングで聞き取れなかったら「なぜ聞き取れなかったか」を徹底的に分析する必要があります。

  • 早すぎて聞き取れなかったのか
  • 文の構造が理解できていなかったのか
  • 語彙を知らなかったのか

それを把握した上でピンポイントの対策をする事がスコアアップへの一番の近道だと思います。

あと、

しかしボクは単語に関してもそれなりに自信があります。
難関大学受験英語で培ったボキャブラリーがありますから。
と書かれていますが、個人的にはこれはちょっと違うかな、と思います。
難関大の受験単語は確かに難しいのですが、TOEICの単語とはまた違うと思います。
言ってしまえばTOEICの単語はそこまで難しくないのです。
TOEICには、いわゆる「TOEICが好きな単語・表現」というのがあり、それらは受験英語とは明確に異なります。
それらの単語は公式問題集をじっくり読んでみると1回のテストに複数回登場していたりする程です。

もし「受験英語の素地があるから」と、公式や模試で出会った知らない単語をそのままにしているのなら、それらの単語を総ざらいするだけでもスコアは上がると思います。
結局はリスニングも語彙力によるところが大きいのです。


かくいう自分もまだまだなので…、頑張ります。

関連記事: