読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリまが!

英語を武器にキャリアをひらく!

TOEIC本番10日からできるこれだけのこと - TOEIC800点代から2ヶ月で900点超えを目指す!【残り9日】

TOEIC 英語

すっかり更新を怠っておりましたが、ちゃんと勉強はしてましたよ!

さて、早いもので4/10のTOEIC本番まで10日をきりました。

本来なら2時間ちゃんと計って模擬答練をしたいところですが、残念ながら2時間連続した時間は取れません。
なのでPartごとに時間を計りながら公式問題集を何度も解いています。

試験勉強をする時はこちらのタイマーがとても便利で気に入っています。

DRETEC デジタルタイマー タイムアップ ホワイト T-186WT

DRETEC デジタルタイマー タイムアップ ホワイト T-186WT




私はリーディングPartの時間配分は

  1. Part7 :55分
  2. Part6 :8分
  3. Part5 :12分
(合計 75分)

の順番で解いています。
Part7は後ろから解いています。

何故この順番かというと、マーク1問に対しての読む量が多い程、焦ると間違えやすくなるからです。

試験中盤の1分間と、試験終了間際の1分間では、時間は同じ1分でもその重みは全く違います。

試験終了まであと1分という時、Part5なら2〜3問は正解できるでしょうが、Part7のダブルパッセージではかなり落ち着いたとしても、読む量が多すぎてせいぜい1問正解できれば良い方でしょう。

Part7(特にダブルパッセージ)で確信を持って回答する為には、問題文のかなり長い範囲を読まなければなりません。

その「正解する為に読む分量」はPart7>6>5という順に多くなります。

そして焦れば焦るほど英文は、目には入っても頭には入ってきません。

多く読まなくては正解できないPart7により落ち着いて対処するため、私は7→6→5の順で解いています。

***

さあ、あと10日以内で出来る事はそう多くありません。
いまから実力を大幅にあげる事は不可能でしょう。

ならばあとは、本番でいかに本当の実力を発揮出来るようにするかどうかです。

私が本番で心がける事は以下の事だけです!

リスニング
  • 先読みのサイクルを掴む
  • 先読みが出来なくても、ナレーションを聞く間はペンを置き音声に集中する
  • 先読みは選択肢が「曜日」「時間」の物を優先的に読み、脳裏に焼き付ける
ナレーションを聞きながら選択肢を読むのは潔くやめることにしました。
ナレーションが始まったら目をつぶり頭の中で反芻しながら集中します。
また、先読みは選択肢が「曜日」
「時間」になっている物を優先的に読み、それを意識しながらナレーションを聞きます。
それらの選択肢は「場所」「職業」などの事柄に比べ、ストーリー全体との関連が弱いため、うっかりしていると記憶に残りづらく、聞き漏らすと後から思い出すことがほぼ不可能なためです。

リーディング
  • 全文読む
  • 頭から訳し、常にSとVを探す
  • 文の構造が取れない時は品詞を疑う
基本は全文読みでいきます。
もはやTOEICの問題文くらい全文読んでも間に合うくらいのスピードがついた自信があるので確実に正解するために全文読みます。
そして文の構造がおかしいな、と思ったら、自分の品詞の理解を疑います。
名詞だと思っていた単語が実は動詞ではないのか、その逆は?
この切り替えを意識することで、頭から訳してスムーズに読み進められるはずです。


さあ、こんどこそ絶対取るぞ900点!

頻出英単語受験英語からのTOEIC Test―TOEIC Test頻出2600語

頻出英単語受験英語からのTOEIC Test―TOEIC Test頻出2600語